--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-03-14(Mon)

余震が続いています…「東北地方太平洋大地震」

まずは被災された方々に、心よりお見舞い申し上げます。

私も岩手在住ではありますが、内陸だったため津波の被害には遭いませんでした。
3/11当日は、昼食はとっくに済んだし、メールチェックとネット巡回もひと通り終わったし、さて物置でも片付けようか…なんて思っていました。
そしたらいきなり携帯から尋常ならざる音が…。
そう、緊急地震速報です。

え゛?

とか、携帯画面を見つめていたら、ガガガガガっと強い揺れが。
椅子に腰を下ろした状態で、PCラック(ツッパリ式)に縋りついて、ひたすら揺れが治まるのを待ちました。
その間に、ボン!ゴン!と棚のものが落ちてきたり、家の何処かで物が落ちる音が…。
揺れは、すごく長く感じました。
普段、震度4くらいは微動だにしない、変に地震慣れしているところがありましたが、今回のはさすがに命の危険を感じる揺れでした。

揺れが治まってすぐに情報を得ようとしましたが、地震直後から停電。
まずはラジオと懐中電灯を確保すべく行動しました。
乾電池の残量をチェックしつつ、キャンプ用のランタンと懐中電灯&ラジオ2個を準備。
ライフラインは水道、ガスは通じていました。
停電がいつまで続くかわからなかったので、お湯を沸かしておいたり、冷凍庫の中身を発泡スチロール箱(ちょうど生協さんが来たばかりだった)に移し変えて、ベランダに出しておいたり。
その後、暖房が消えてしまったため、シンシンと冷えてきて、ホッカイロをして着れるだけ着込みました。
電話、携帯は地震後不通。
家族は早々に帰宅してくれたので、ホッと一安心しました。

結局、その後二日間停電で、暖房が使えないのがこたえました。
今の家は電気がないとお風呂も沸かせず、それに寒さとストレスで、落ち着いていた皮ムケ、汁など一時的に悪化しました。
脱ステから半年で、全身的にかなり改善していた状態だったのは幸いでしたが…。

昨日になって、ようやく電気が復旧し、暖房も入れられお風呂にはいることも出来ました。
でも、いままでラジオに頼っていた情報がテレビで映像で見ることができるようになり、その光景に唖然としてしまいました。
この寒さの中、薄い毛布で耐えている方々を思うと、暖房も控えめに(いま18度設定です)電気も使い過ぎないように…と。
原発の方も心配ですし、一日も早く、被災された方々が落ち着いた日々を取り戻せますよう、祈るしかありません。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

占い
カテゴリ
プロフィール

maya

Author:maya
小さい時からアレルギー体質で、病院と縁が切れません。
覚悟を決めて、脱ステに踏み切りましたが、どうなりますことやら…。

お気に入り
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
検索フォーム
Google AdSense
Visitor
最新コメント
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。